業者選びに役に立つ水道工事・水漏れ・つまりに関連した業者をご紹介します。

水道業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月11日 [FAQ]

水回りでつまりが起きる原因と対策を教えてください

私の住まいの水回りではよくつまりが生じてしまうことがあり、排水を流せなくなってしまい困ることが多く、酷い場合には業者を呼んで修理してもらわなければいけないこともあるため困っています。
そこで知りたいことがあるのですが、どうして水回りではつまりが生じてしまうのか、その原因について教えてほしいです。

回答

汚れや固形物などによってつまります


基本的に水回りがつまってしまうのは、水の流れを妨げるような何かが詰まっているからであり、それは汚れの場合もあれば固形物の場合もあるため、それらを取り除かなければつまりを解消することができないのです。
特につまりやすいのはトイレであり、日常的につまりを経験している人も多いでしょうが、トイレットペーパーを流しすぎてしまうと上手く流れていかずに途中でつまってしまうことがあり、他にもトイレットペーパーの芯がつまってしまうこともよくあります。
キッチンの排水の場合には油汚れが溜まってしまい、それが水の流れを食い止めてしまうために排水が流れていかなくなることもあるため、定期的に排水管の清掃をするべきでしょう。
つまりを解消するためには、たとえばトイレの場合にはラバーカップを用いるという方法が一般的であり、トイレに常備しているという家庭も少なくないでしょうが、キッチンや洗面所などの場合には特別な薬剤を用いてつまっているものを溶かすという方法があり、それでも解消されない場合には業者を呼んで排水管を分解してつまりの原因を取り除くという方法もあります。
トイレの場合は、基本的にトイレットペーパー以外のものを流すべきではなく、たとえばティッシュペーパーを使ってしまったためにこれがつまってしまうことがあり、あるいは嘔吐物がトイレにつまることもあるため注意しましょう。
キッチンでは排水口に油汚れを流すべきではなく、油は別に捨てるようにすることでつまりの予防になるのですが、普通に洗い物をしているだけでも自然と油汚れは蓄積していくものであり、定期的に排水管の掃除をすることが大切です。
つまりについては、徐々に水の流れる量が減っていくため、なかなか気が付きにくく、ある日突然つまってしまい水が流れずに逆流してしまうことがあるため、少しでも水が流れにくいと感じたときには、将来大変なことになるかもしれないと自覚して、早めに対処しておくことをおすすめします。
水回りのメンテナンスは定期的に行うべきであり、その際には業者に点検してもらえば、つまりの程度がまだ軽いうちに対処してもらうこともできるのです。

PageTop