業者選びに役に立つ水道工事・水漏れ・つまりに関連した業者をご紹介します。

水道業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月13日 [FAQ]

水道工事を行う際に資格や免許は必要なのでしょうか?

全く資格はありませんが、DIYが趣味です。
趣味が高じて、自宅のガレージを自作しました。
そのガレージ内に、水回りを引っ張りたいと思っており、色々調べています。
なんとなく作業のイメージや、完成予定の図が見えてきているのですが、1つだけ疑問があります。
それは、水道工事などを素人が勝手に行ってもいいのか、ということです。
水道管から管を引っ張ったり、排水管に繋げたりとある意味プロや自治体のものを使うわけですから、勝手にやってはいけないような気がしています。
資格や免許、さらに許可などがいるようでしたら教えてください。

回答

水道工事には資格が必要です。


全然未経験の方ですか?
それでガレージを自作して工事して…というのはすごいですね。
ただし、おっしゃる通り水道工事をするためには、資格が必要となります。
必要とされる資格は以下の通りです。

・給水装置工事主任技術者
・下水道排水設備工事責任技術者
・管工事施工管理技師
・水道技術管理者

水道設備を作るために水道工事を行う場合、これらの資格は必須となります。
まあ、現実問題として無資格で行なっている人もいるのですが、例えば水漏れやつまりが発生したときに、無資格での施工が表沙汰になるケースもあるようです。
すでにご自宅に配管されている場合、無資格で作業しても発覚することはまずありませんが、仮に発覚した場合、水道が止められてしまったり、罰金を支払うといったペナルティが課せられる場合もあります。
なんにせよ、水道工事は業者に任せるか、どうしてもご自身で行いたいのであれば資格を取得することが最優先ですね。
ただ、水道工事の中でも、無資格でも認められていることはあります。

・パッキンの交換
・蛇口の交換
・断熱材や保護材の張り替え

これらの3点は、DIYの範疇で、無資格で作業するあことが可能です。
とは言え、素人がいきなりパッキンを交換したり、蛇口を交換するというのは結構トラブルにつながるケースもあります。
あなたのできる範囲はわかりませんが、水道トラブルになると返ってお金がかかってしまう場合もあるので、まずは専門業者に依頼することをおすすめします。

PageTop