業者選びに役に立つ水道工事・水漏れ・つまりに関連した業者をご紹介します。

水道業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月18日 [FAQ]

トイレの水漏れ修理の依頼なのに配管工事まで勧められました!

古い家なので水廻りも劣化が目立ってきているのですが、何とかもう少し、もう少しと思いながら使用しています。ところが、トイレの下の所に水漏れを見つけることが多くなり、大きな問題になる前に専門のところへ相談しようとネットで見つけた水道業者へ連絡しました。まずは状態を見てもらい、見積もりをお願いしたいと依頼すると、30分もしないうちに到着しました。敏速な対応で感じのいい作業員さんで、状態を見てくれた後に見積書をその場で作成してくれました。そうすると、水漏れ修理に対して、うちのトイレが古いため部品の在庫がないことから全部交換しなくてはいけないと言うのです。更には便器自体も交換した方がいいと。見積金額が10万円を超えていてびっくりしました。
不審に思ったので、主人に相談してから連絡しますと言ってその場は乗り切りました。
水漏れ修理ってそんなに大掛かりで費用のかかるものでしょうか?詳しい方がいましたら教えてください。

回答

数社で見積もりを取り、修理内容を確認して業者を決めましょう


水漏れの原因によっては大掛かりな修理になるケースもありますが、高額な修理費用であれば躊躇してしまいます。本当にこれだけの費用がかかるのかと不審があれば無理に契約する必要はありません。水に関するトラブルは誰もが少しでも早く直したいことですから、水道業者によっては24時間対応、そして敏速対応が基本です。1社で見積もりに不安があれば他の業者へ連絡されて同じように状態を見てもらい、見積もりを取りましょう。仮に3社の見積もりが同じで、部品の在庫の問題、配管が劣化していてどうしようもないため交換が必要であると同じ見解であれば、修理内容と費用に信用性が高いと言えるでしょう。その場合は、より対応が親切でお住いからも近く、アフターフォローがあるような業者がおススメです。逆に修理内容や費用面に差があれば、より信用性の高い業者を選ぶのが賢明です。中には見積金額をかなり安く提示し、作業後に追加料金を請求してくる業者もあります。水道工事や修理費用にそれほど大きな金額差は出ないものですから、極端に安いところも要注意が必要です。見積もりに提示された明細以外に追加料金がかからないか念を押して確認しましょう。
もし断り切れず修理・工事依頼の契約をしてしまった場合、8日以内であればクーリング・オフが適用されますのでご安心ください。

PageTop