業者選びに役に立つ水道工事・水漏れ・つまりに関連した業者をご紹介します。

水道業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年05月12日 [FAQ]

トイレの水が流れにくい原因は何でしょうか?

我が家は3年前に購入した築13年の中古マンションです。室内は自分たちの好みに合わせて大きくリフォームをしました。水廻りも全て新しいものにしたので、自分たちの気持ち的には新築と変わりませんでした。3年が経過した現在ですが、先日から気になることがあります。トイレの水が流れにくいと感じますし、時には水を流した後にずっと止まることなく水が出ています。すぐに止まる時もあり、なんだかトイレに機嫌があるのかな?と思うほどです。トイレの水の流れ具合が弱くて一度に流せないこともあるほど。うちは子供もいませんし、つまりが起こる原因も思い当りません。
マンション自体も古くはないので劣化したとも考えにくいのですが、流れにくい原因は何でしょうか?自分で治す方法はあるでしょうか?一時的なモノならいいのですが、もっとひどくなったらどうしようと不安になりご相談することにしました。
アドバイス頂けると有難いです。

回答

流れにくい要因はタンクか排水管にあるケースが多いです


トイレの水の流れが弱い場合、トイレの劣化・汚水路・排水管など、様々な所にその原因が考えられます。その中でもよくある原因は便器の汚水や汚物を流すためのタンク内の水量が少ないか、排水管に何かがつまっているかのどちらかのケースがほとんどです。流れが悪い原因を詳しく知ることで自分でも解決することが出来ます。便器に流れる水は便器の後ろのタンクに溜まっています。このタンク内の水の量が少ない場合、一度で流すことが出来ず何回も流さなければいけない原因になります。水量が少なくなる理由の一つとして浮き球の劣化が考えられます。劣化が原因であれば部品はホームセンターで購入できるため、自分で交換することで解決します。他には、タンクの一番下にあるゴム状の栓が原因の場合もあります。この場合は止水栓をマイナスドライバーで閉め、タンク内の水を抜いて設置し直すことで適切な水量に戻ります。水の流れが戻らなければこの部品の劣化が考えられるため、浮き球と同様に部品を購入し交換してみましょう。タンク内の水量が正常、もしくは交換や調節をしても解決しなければ排水管に何かが詰まっていることが原因と考えられます。
紙詰まりや水に溶けない紙を流した場合は言うまでもなく詰まりが生じ、水の通り道が狭くなり流れが悪くなります。ラバーカップで対処する方法もありますが、一番簡単なのは熱いお湯を排水管へ向けて少しずつ何度かに分けて注ぎ込みます。水よりも温度の高いお湯を使うことでつまったモノが溶けやすくなり、つまり解消が見込めます。自分で対応するのが難しい方や、試したけれど解決しなかったという場合は、速やかに水漏れやつまりを解消してくれる水道工事業者へ相談してはいかがでしょうか。

PageTop