業者選びに役に立つ水道工事・水漏れ・つまりに関連した業者をご紹介します。

水道業者コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年06月16日 [FAQ]

水のトラブルは水道局と水道業者のどこに依頼すればいいの?

古い家で暮らしていれば、水道関連のトラブルは良く起きますが、これまでは何かあっても誰かが水道工事業者などを手配してくれていたので、直接私が動かなければいけないことはありませんでした。
5年ほど前に結婚して実家を出て東京で暮しはじめて、子どもはできなかったので2年前から働き出すと、家を空ける時間が増えたのがいけなかったのかもしれませんが、主人が浮気をしていることが判明して、一時は離婚しないでやり直そうということになりましたが、やはり一度離れてしまった気持ちが修復されることがなく、先日離婚することになりました。
実家に戻ることも考えましたが、田舎に戻っても仕事を見つけるのは難しいので、一人でこのまま東京に残ることに決めました。
離婚して一人暮らしをはじめたのですが、同郷で東京に住んでいる友人が心配してくれて、旦那さんが所有している賃貸用の一軒家を安く貸してくれることになったのですが、数日前から洗面所で水漏れが起きていて、それほど程度も酷くないし、家賃やその他の費用も融通してもらっているので、自分で何とかしようと思って質問させていただきました。
結構築年数が経っているので、今後も水道トラブルは起きると思うのですが、水道局とテレビCMなどで良く観る水道屋さんのどちらに依頼すればいいのでしょうか?


回答

家庭内の配管を伴わない工事は水道局では対応できません。


水道局も家庭の水道トラブルに対応してくれますが、水道局が実行する工事の目的というのは公共の福祉の増進で、つまり公共事業として行われているため、家庭内で起きるキッチンや洗面所や浴室の水漏れやトイレやキッチンなどのつまりなどは公共事業には当てはまりませんので、水道局に対応してもらうことはできません。
水道管が漏水、破裂した場合などは、公共事業として修繕を水道工事業者に依頼でき、それを見分けるポイントはズバリ水道メーカーです。
各家庭にひかれている道路の下の排水管は、水道局の所有物扱いで、水道メーカーから上流、つまり道路側であるなら、個人の家の敷地内であったとしても、水道局に連絡すれば無償で修理をしてもらえます。
反対に水道メーカーの下流側の給水装置の修繕は、各自治体の水道局の指定された水道工事店が行うことになりますが、蛇口から水漏れやキッチンの排水口などのつまりなど、配管を伴わないものに関しては、資格がいらない水道工事となり、水道局の指定業者でなくても対応可能となっています。

PageTop